★当ブログでは道内の遊び場レポ、育児グッズ、オススメおもちゃ紹介もしています★

【COVID-19】燃料用アルコールで手の消毒をしてはいけない理由

こんにちは、モモです。

2020年1月初めから中国からどんどん流行している「新型コロナウイルス」。

1月の下旬頃になると日本にも感染者が1人2人…と出てきましたよね。

2月11日にWHOがこの新型ウイルスの名前を発表し、「COVID-19(コビット-ナインティーン)」になったようです。

 

今もなおTVをつければそのニュースばかりで、速報も新型コロナウイルス関連のものが続いています。

なんせ、SARSやMARSと同じコロナウイルスの仲間のようですのでそりゃ怖いわ…(*_*;

世の中の誰もが感染したくないって思っているはず。

予防対策があればお金を惜しまずに購入する人がたくさんいるので、マスクやアルコール消毒は1月下旬頃から入手困難な状況に…。

アルコールが品薄になり始めたのは、コロナウイルスにはアルコール消毒が有効という情報が出回ってからだったかな?

 

当然ながらしばらく入荷は未定ですよね…(´・ω・)

 

 

こんな中、まさかの燃料用アルコールも品切れを起こしているようです…

 

え??

でもさ、燃料用アルコールってそもそも消毒用としても使えるの??

 

ちょっと疑問に思ったので、危険物取扱者乙種4類の資格を持つ夫に聞いてみました!

 

スポンサーリンク

消毒用アルコールと燃料用アルコールは同じ?

モモ

ねねー、消毒用アルコール品切れだからって燃料用アルコール買っている人いるみたいだけど、それって大丈夫なの? 

いやいや、成分が違うから消毒用としては使えないよ!

モモ

え?なんで?

消毒用アルコールはエタノールが使われるの。でも燃料用アルコールはメタノールっていって、毒性がある物質が使われているんだよ。ギ酸によるアシドーシスとニューロンによる毒性が〇△■✖…

モモ

…ちょっと途中からよくわからなくなっちゃったけど(笑)じゃあさ、皮膚に塗るのはどうなの?

絶対にダメ!皮膚に塗るのも吸い込むのと同じくらい有害なの。下手したら中毒症状起きるよ?

モモ

そうなんだ…知らないって怖いね。

あーちゃん(3)

ぱぱ~、やぱい(野菜)じゅーすのみたいっ♪

夫兼パパ

はいどーぞ♪

あーちゃん(3)

(じゅじゅじゅ~~)

 

夫は仕事柄、危険物を取り扱うことがあるので結構詳しいのです。

…私、夫いなかったら買ってたかもって考えてたら怖くなりましたよΣ(゚Д゚)

 

知っている人からすれば当たり前の事かもしれませんが、私みたいに知らない人は買っちゃうかもしれません。

「そうだ!消毒用アルコールが無ければ燃料用アルコールでイケるんじゃない?」ってね。

ましてや、燃料用アルコールも品切れになれば「あ、消毒用に使えるんだ!」なんて勝手に思っちゃうし。

 

もし身近な人で「燃料用アルコールを消毒用として備えている方」がいたら、すぐにでも教えてあげて欲しいと思います!

「それ、皮膚に塗ったらいけないよ!」ってね(>_<)b

エタノールとメタノールの違いは?

どちらも同じアルコールの仲間ではあるようですが、この2つの物質の作られ方は全く違います。

ザックリ説明すると、エタノールには米やぶどうなどを発酵させてお酒として飲むことが出来るエタノールと、石油を精製して作られるエタノールがあります。

どちらも体に塗っても入っても大丈夫ですよね。(※アレルギーなどは別問題ね)

だけど、メタノールというのは石炭やガスから作られる物質で、身体に入ると有害なんです。

 

さっき夫が言っていた難しいことを私の理解力で説明すると、エタノールは身体に取り込まれても酢酸(お酢)になるから問題ないけど、メタノールはギ酸(アリが敵から身を守るために持っている毒)になるから具合が悪くなっちゃうよってことのようです。

消毒用アルコール替わりに…なんて絶対やっちゃダメです。

間違えて触ってしまったらすみやかに手を洗い、気分が悪くなったらすぐに医師に連絡をしましょう!

 

燃料用アルコールの使い道は、そのまま燃料として使用するのがもっとも正しい使用方法ということですね☆

燃料用アルコールを皮膚に塗るとどうなるの?

燃料用アルコールはメタノールの含有量が多いです。

ということは、先ほど書いたようにメタノールは「アリさんの毒」ですから、皮膚に毒を塗っているのと同じになりますよね( ゚Д゚)

ネットで検索してみるとメタノール中毒というのがたくさん出てきます。

  • 視力低下
  • 頭痛、めまい、吐き気

さらに重症だと

  • 失明
  • 呼吸困難
  • 意識障害

なんてこともあるようですね。

早めに解毒剤で治療すれば良くなるようですが、これじゃあとてもじゃないけど怖くて消毒目的では使えないです。

COVID-19で病院に罹りたくないからと思って手の消毒をしようとしているのに、逆に皮膚を傷めたり他に症状が出たから結局病院行きになるなんて不本意極まりない!

それだけは避けたいから…

まだまだ消毒用アルコールが手に入りくい状況ではありますが、消毒の心配よりも出かけたらまず

  • こまめな手洗いうがい
  • 歯磨き
  • 顔をを洗う

などをして予防する方がベストだと思います!

【まとめ】燃料用アルコールで手の消毒をしてはいけない理由

ここでまたザックリまとめてみますと、

  • 消毒用アルコールはエタノール、燃料用アルコールはメタノールと成分が違う
  • メタノールは体内に取り込まれるとギ酸(有毒)に分解されるので、中毒症状が出るかもしれない

 

とにかく「燃料用」と表示されているんだから、その通りの使い道をすることが大事です。

くれぐれも消毒には使わないようにしましょう!

 

補足:当記事は危険物取扱者乙種4類の資格取得のための記事ではありません。すべての危険物取扱者乙種4類の資格保持者が知っている知識ではないようです。

ですが誰でも知っておいて損はない内容ですので、ご参考までに読んで頂けると幸いですっ(*´ω`*)

 

 

スポンサーリンク

2 COMMENTS

通りすがり

私も危険物の乙種四類を持っていますが、
ご主人の語る内容がまったく理解出来ません。

危険物乙種四類の範囲外の話をしてると思うので、
ご主人とやらの設定を変えたらどうですか?

返信する
yuiyama momo

コメント承認が大変遅くなり申し訳ございません。

>私も危険物の乙種四類を持っていますが、
ご主人の語る内容がまったく理解出来ません。

よろしければ(このコメントに気づいて頂けたら…)どのあたりに違和感を感じるのか教えて頂けませんか?

>危険物乙種四類の範囲外の話をしてると思うので、
ご主人とやらの設定を変えたらどうですか?

夫は危険物を取り扱う仕事をしております。
なので危険物の知識は豊富にあるのかと思います。
試験の範囲外なのかどうかは、私自身危険物乙種四類を持っていないのでわかりません…ゴメンナサイ。
「ご主人とやらの設定」というのも、当記事では結山家の家族会話を元に記事作成しておりますので変更はしないつもりです。
ですが当記事で間違いがありましたら、教えて頂けると幸いです(;^ω^)!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください