★当ブログでは道内の遊び場レポ、育児グッズ、オススメおもちゃ紹介もしています★

1歳からのラーメン!時短&簡単に作る方法☆

こんにちは、モモです!

実はですね、1才半を過ぎた頃から作っていた幼児用らーめんのレシピなんですが、親や友人に話してみると「すごい!」と評判だったんですよ。

ちなみにうちの子はラーメンが好き!

でも、インスタントラーメンはなんとなくまだ食べさせたくない。
ショッピングモールのフードコートにあるお子様ラーメンはなんかしょっぱいし…
わざわざ自分で作るのなんて…無理じゃあぁぁぁああぁ

 

はいっそれが超簡単にできるんです。

しかもこのレシピなら、1回の調理で2杯分出来ます!

タレなんて15分くらいで出来ちゃいますよ☆

そしてしょっぱくない!!

さらに!!おいしいスープの味がついてるから、野菜も食べさせることが出来る♪
(よほど野菜嫌いじゃなければね)

では前置きはさておいて、私の考えたレシピをドーンと載せちゃいますね。
我が子にちゅるちゅる食べさせて、元気モリモリの満足にさせてあげましょう!

 

スポンサーリンク

 

時短簡単おいしい♪幼児用らーめんの作り方

 *** 材料 *** 

使用するスプーンは、ご家庭にあるティースプーンくらいの大きさのもので大丈夫です。

今回は、0才児用粉ミルクの量を測る時に付属されているスプーン(1杯20ml入るもの)を使用しました。

生ラーメン…子どもが食べれる量(うちは2/1玉茹でます)

ネギ…5cm分くらい

 

お好きな野菜など1品…ネギと同じくらい

 

鶏ガラスープの素…スプーン1杯

 

醤油…スプーン2杯

 

オリゴ糖…スプーン1杯
(オリゴ糖がなければお砂糖…スプーン少なめ1杯)

 

…300cc~350cc

 

トッピング用に刻みのり(あれば)…少々

 

 *** 作り方 *** 

①まずネギ+食べさせたい野菜1種類を決めてみじん切りにする。
※ちなみに私がよく使うのは人参です。ネギは風味に欠かせないので絶対入れてください。

【組み合わせの例】
ネギ+大根
ネギ+ブナシメジ
ネギ+ゆでてみじん切りにしたほうれん草or小松菜
ネギ+もやし
ネギ+玉ねぎ
ネギ+パプリカ

【野菜以外の組み合わせの例】
ネギ+豆腐
ネギ+鶏ひき肉
(豚肉・牛肉は合わないのでオススメしません)
ネギ+卵

 

②生ラーメンを子どもが食べれそうな長さに切る。

③小さめのフライパンにラーメン以外全部入れる。

④弱火くらいで10分くらい煮る
(刻んだ野菜などが柔らかくなるまで煮る)

⑤お椀を2つ用意して、取り分けて入れる。1つはラップして翌日用に。
これでスープは完成♪)

⑥空になったフライパンに水を入れて沸騰させる

⑦食べやすい長さに切ったラーメンを入れ、2分半~3分茹でる。

⑧⑤で作ったスープに茹でたラーメンを網のおたまで湯切りしながら入れる。

⑨刻んだ海苔をトッピングして完成!

え?これがおいしいの??
と思われるかもしれませんが、なかなか美味しいですよ☆

…具が無く見えるからちょっと寂しくみえる醤油ラーメンに見えちゃうけどね(笑)

ちなみに「YOUKI(ユウキ食品)化学調味料無添加のガラスープ」で作るから美味しいのかもしれません!!
わが家の料理はもっぱらこれです。

皆さんも、ぜひ作ってみてください❤

麺はまだ細かくしないと食べないけど、らーめん大好きだからよく食べてくれました。

とりあえず野菜も少しは食べてくれるので、娘の定番メニューですね。

 

 

スポンサーリンク

2 COMMENTS

双子母

手足口病で口が痛く、少し元気になってきたのに食べることが怖くなってしまい牛乳と飲むゼリーだけしか口にできなかった1歳8ヵ月の息子が唯一すごく興味を示した食べ物がラーメンで、この位の子が食べられるラーメンはないかと探していてこちらにたどり着きました。こちらのレシピで作ったものを出してみたら…食べました!!(感涙)手足口病が移った双子のもう片方もこれなら食べられるようです(*^^*)ありがとうございます!感謝感謝です。

返信する
yuiyama momo

双子母様、初めまして!
私のブログにコメントしていただき、とても嬉しく思います(*´ω`)☆…実は初めてのコメントとなりますw
こちらのラーメンのレシピが双子母様のお役にたてて、私自身も嬉しく思います☆

お子さん、手足口病に罹ってしまったんですね。
そして双子ちゃんを育てていらっしゃるとなると、私は双子母さんのお身体が心配です(>_<) 娘も手足口病に罹ったことがあるのですが、本当に看病は大変ですからね…。 発疹は徐々に薄くなっていき、だんだんと良くなっていくので、またいつも通り食欲も戻って来るかと思います。 それまでは、子どもの栄養の事を考えるよりも、ゼリーやジュースでもなんでも、口にできそうなものを食べさせてあげれば大丈夫とお医者さんが言っていました。 どうか無理しないで、休める時は休んでくださいね☆

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください